カテゴリ:その他( 21 )

2011.2.7(月) ウールアンサンブルの仕立て 良否比較

アンサンブルセットのコーナーに掲載しております、ウールのアンサンブルセット(きもの+羽織)は、
リーズナブルな価格なことと、化繊が少し入っていて扱いも簡単なので、普段着にもってこいです。
まあまあ人気がありまして、これまでにけっこうな数を、愛好のみなさんに買っていただきました。

仕立てもしっかりしていて、私も気に入っていたのですが、先日お買上げいただいた方から、
「こんなのは着物ではない」とお叱りをいただきまして、とりあえず送り返していただいたのをチェックしましたら、
たしかにこれまでとは異なったとんでもない仕立てでした。
縫製の最終段階で手で始末する部分がありますが、特にここの部分がこれまでに見たことがないような
ひどい出来具合でした。たしか国内縫製で、中国ではなかったはず・・・。

さっそくメーカーに問い合わせてみたところ、
1.「中国縫製でしょうか?」と聞くと、日本製とのこと。
2.申し訳ないが、手の悪い(下手な)人の製品で、検品不足だった。
3.直し、または良品と交換するので送って欲しい。
とのことでしたので、送ったところ、今日届いたので、あかんかったところを比較してみました。

今日、届いたのは、まったく申し分のない出来具合。
仕立てと始末の仕方が送ったものと若干違ったので、直したのではなくて、上手い外注縫製工場で仕立てたものを
送っていただいたようです。

これならご満足いただけると、お叱りを頂いた方にもさっそくお送りさせていただきました。
----------------------------------------

お出かけなんかには絹もの、普段には木綿もいいのですが、いずれも洗濯などのあとしまつがけっこう大変、難しい。
ポリエステルは、あとしまつがめちゃ簡単ですので、お出かけなどにはポリエステルあることを理解しながら
着るならとても便利。
でも、普段着で、家で着たりするには、暖かくて、あとしまつも楽チンなウールがいいと思います。
特に、年いってから、自宅で、帰宅後や休日にきものを楽しむのなら、ウールがいいのではないかと思います。

今後は、このアンサンブルセットを含めて、他にもウールの出来上がりのきものの品揃えを増やす予定です。
メーカーの人は、年々売れない、とおっしゃいますが(そらまあ当然か)、流通し続ける限り扱っておこうかと。
近日、アップいたしますのでご期待下さい。

【上写真×なの 下写真○なの】
◆1.袖の裏 いらない糸やほつれた生地端の糸が切らずにそのままになっていたり。
c0042874_19391710.jpg

c0042874_1939494.jpg

◆2.袖口  手まとめの出来具合が。
c0042874_19401063.jpg
c0042874_19402160.jpg

◆3.脇のまとめ 指がはいったら、糸が切れてそこからほつれてくる
c0042874_19412051.jpg
c0042874_1941335.jpg

◆4.脇の三角部分 脇の手まとめの量を減らすための方策でもあるが、こんなぶさいくなのでは。
c0042874_19462540.jpg
c0042874_19463518.jpg

◆5.褄下角 いびつ
c0042874_19471868.jpg
c0042874_19473289.jpg

◆6.羽織の裏 端処理がないのと、×××と処理してあるのと
c0042874_19482341.jpg
c0042874_19483130.jpg

◆7.羽織のまち 生地端がそのまま(耳なのでまあ、という気もするが)なのと、ちゃんとくけてあるのと
c0042874_19495237.jpg
c0042874_1950295.jpg

[PR]
by otokonokimono | 2011-02-07 15:02 | その他

2010.7.17(土) 祇園祭巡行

京都の7月は、祇園祭があって、浴衣や夏着物を着る絶好の機会です。
祇園祭は、7/1から7/31まで、1ヶ月続く、祇園は八坂神社の祭りですが、そのクライマックスは
7/17に行われる山鉾巡行。その前3日ほどは、鉾町と呼ばれる鉾が並んでいる通りに、夜店が建ち並び、
浴衣姿の若者(を中心に)で夜遅くまで賑わいます。

7/17の山鉾巡行を見物に、カメラを持って出かけてきました。
朝、8時頃、新町を上がって、放下鉾、南観音山、北観音山の動き出すのを見守る。
その後、四条通を東へ、鉾を追いかけて、市役所前の洋食屋さんで昼ご飯+ビール。
昼ご飯食べている間に、巡行は終わりになって、鉾をかたづける鉾町へ。

京都のイベントは、次は8/16の大文字送り火です。

c0042874_1846636.jpg
c0042874_18462138.jpg
c0042874_18463076.jpg
c0042874_18464121.jpg
c0042874_18465614.jpg
c0042874_18471488.jpg
c0042874_18473382.jpg
c0042874_18481310.jpg
c0042874_1849930.jpg
c0042874_18493027.jpg
c0042874_18495540.jpg
c0042874_1850232.jpg
c0042874_18503596.jpg
c0042874_18505889.jpg

[PR]
by otokonokimono | 2010-07-17 20:55 | その他

2010.7.1(木) 角帯の端の始末など

先日、海外の外人さんへきもの・角帯などをお送りしたところ、着荷の連絡と共に、次のような問い合わせを頂きました。
帯の端に近い部分の横糸が抜けているが、不良品ではありませんか、と。
c0042874_12401563.jpg

え~、もちろん不良品ではありません。
むしろ、その横糸が抜けている端をもつ帯や、横糸を太くしているような帯は、きちんとメーカーで
1本ずつ長さをはかって織っている、上等な帯、です。

織る際に、メーカーで、横糸を違う糸を入れたり、横糸を抜いたりして、ここまでが規定のサイズです、と
表示しています。これはきものの反物も同様です。

ひたすら長く織って、あとで長さ毎に切り離す、そういう安い帯にはこのような印は入っていません。
c0042874_12405150.jpg
c0042874_12405826.jpg

帯を着用される際には、画像で説明していますように、帯の端を中へ折り込んで、端がほつれないように
して頂くとよいです。端に房がついている帯は、もったいないですが、房ごと端を切ってしまいますが、
まあ、切らずに房を残してそのまま締めていただくのも実用的には問題ありません。
c0042874_12413331.jpg

私の焦げ茶の博多献上帯を見ていただくと、長さを示すちょっと太い横糸が織り込まれているのと
(こちら側は半分に折って「て」に使っています)、端を中へ折り込んだ様子がおわかり頂けると思います。
c0042874_12415215.jpg
c0042874_1242188.jpg

[PR]
by otokonokimono | 2010-07-01 16:13 | その他

2009.10.22(木) ニックネーム変更

お世話係として「つち」というニックネームでみなさまにご案内させていただいておりましたが、
このたび「つっちー」と改称させていただくことといたしました・・・あんまり変わってませんか・・・(苦笑)

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by otokonokimono | 2009-10-22 20:47 | その他

2009.7.17(金) 山鉾巡行

1ヶ月にわたる祇園祭の最大のイベント、山鉾巡行が今日ありました。
仕事柄、山鉾を置いている鉾町がある室町界隈へはよく行きますので、今日も関係先へ行く前後に
巡行を見てきました。
c0042874_15154190.jpg
c0042874_15155341.jpg
c0042874_1516517.jpg
c0042874_1516165.jpg
c0042874_1516292.jpg

[PR]
by otokonokimono | 2009-07-17 18:42 | その他

2009.7.11(土) 祇園祭~室町界隈・朝

京都の祇園祭の風景です。ハイライトは市内を山鉾がしずしずと動く山鉾巡行ですが、祇園祭そのものは
7/1から7/末まで続きます。今朝は、山鉾を組み立てる日です。
c0042874_1471845.jpg
c0042874_1473433.jpg
c0042874_1474843.jpg
c0042874_148949.jpg
c0042874_1482169.jpg
c0042874_1483940.jpg
c0042874_1485185.jpg
c0042874_149493.jpg
c0042874_1491632.jpg
c0042874_1493239.jpg
c0042874_1494825.jpg
c0042874_1410033.jpg

[PR]
by otokonokimono | 2009-07-11 18:39 | その他

2008.10.18(土) 10万アクセス御礼

男のきものドットコムのアクセスがカウンター設置後、10万を超えました。
頻繁には更新できてないにもかかわりませず、多くの皆様にご愛顧いただいておりまして
有り難く厚く御礼申し上げます。

サイト立ち上げの頃の志通り、これからも男のきもの
(特にポリエステルの気楽でかつ高品質な)をご提供していきたいと思っておりますので、
今後とも末永くご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。

                               男のきものドットコム お世話係 つち             
[PR]
by otokonokimono | 2008-10-19 00:18 | その他

2008.9.25(木) 背景変更

このブログの背景を違うものにしました。

今までは、横600ピクセルの写真が少し小さく表示されていたので、
なんとなくジャギーな感じでしたが、今回の背景では600ピクセルそのままに
表示されるので見やすくなりました。
[PR]
by otokonokimono | 2008-09-25 19:34 | その他

2007.3.2(金) こんな柄はどうでしょう

夜、遠山の金さんを見ていたら、見たことがある柄に目がいった。
金さんの敵役一味のごろつきが着ているきもの。
事実とあっているのかは知らないが、たいていの時代劇に出てくる町衆は、
今と違って、たいてい丈がちょい短め、無地・無地に見える細かな縞などが
多いけれど、こんな大胆な柄ものも普通に着ているのをよく見かける。
c0042874_11161428.jpg

この左側のが、以前、あるカタログに載っていた柄とよう似てんなぁ、と
思って確かめたら、まさしく同じ柄だった。
このごろつきが着ているのを見なかったら、こんな柄で男のきものを
作ることは考えもしなかったところだが、よく似おてたもので、一考の
価値はあると思った次第。
c0042874_11192085.jpg


ちなみに、ご希望ならご用意できると思います。
[PR]
by otokonokimono | 2007-03-02 21:46 | その他

2006.10.06(金) 男のきものセット

仕入れ先で「男ものが安ぅであんでぇ~」と言われて見ると、あるブランドの
アンサンプル。南仏のブランドらしいが、男のきものは2-3年前から
出している。きもの・羽織・長襦袢・帯・羽織紐のセットになっていて、これと
あと少し小物を買い足せば、きものライフが楽しめるようになっている。
(写真の羽織紐は別)
c0042874_21203852.jpg

価格は、デパートなどで58000円くらい。ネットで40000円くらいで出ている。
価格的にはまあまあのところだと思う。
これが、びっくりするような値段で仕入れることが出来るというので、2枚もらってきた。

男のきものが業界紙などで「ブームの予感」と言われて3年。
これ以外に、正絹のプレタが2-3、ポリのプレタが4-5社から出ていたが、
プレタで良くできていると感じたのは、ネットで紹介している無地のアンサン
ブルだけで、他の商品はたいていなにか不満があり、今のところと言うか、
結局と言うか、着尺から仕立てるのがベストだと思う。

このブランドも、男のきものブームの初期に出されたもの。
さすがにブランドがついているからか、会社の女性陣もみな言っていたが、
たしかに見た目はよい。
柄も色も、従来の男のきものと比べると洗練されていて、これなら着てみたい、
着せてみたい、と思わせるもの。
c0042874_21145091.jpg

しかし、羽織ってみると、生地が厚くてごわついて、大リーグボール養成
ギブスのように(←おおげさw)身体を動かし難い。衿も首にそわない。
羽織っただけでこれは着にくい、と感ずるほどで一日着たらとても疲れる
んではないかと思う。羽織紐を取りつける「乳」もすこしでかい。
c0042874_21164583.jpg

言っているだけではなくて、着て一日過ごすつもりであるが、さて?

女もの同様、男ものも、見て、着て、いいなぁ、これなら人に薦められるな、
と思うモノを作らないと、やっていて楽しくないと思いました。
[PR]
by otokonokimono | 2006-10-06 19:08 | その他