2006.10.06(金) 男のきものセット

仕入れ先で「男ものが安ぅであんでぇ~」と言われて見ると、あるブランドの
アンサンプル。南仏のブランドらしいが、男のきものは2-3年前から
出している。きもの・羽織・長襦袢・帯・羽織紐のセットになっていて、これと
あと少し小物を買い足せば、きものライフが楽しめるようになっている。
(写真の羽織紐は別)
c0042874_21203852.jpg

価格は、デパートなどで58000円くらい。ネットで40000円くらいで出ている。
価格的にはまあまあのところだと思う。
これが、びっくりするような値段で仕入れることが出来るというので、2枚もらってきた。

男のきものが業界紙などで「ブームの予感」と言われて3年。
これ以外に、正絹のプレタが2-3、ポリのプレタが4-5社から出ていたが、
プレタで良くできていると感じたのは、ネットで紹介している無地のアンサン
ブルだけで、他の商品はたいていなにか不満があり、今のところと言うか、
結局と言うか、着尺から仕立てるのがベストだと思う。

このブランドも、男のきものブームの初期に出されたもの。
さすがにブランドがついているからか、会社の女性陣もみな言っていたが、
たしかに見た目はよい。
柄も色も、従来の男のきものと比べると洗練されていて、これなら着てみたい、
着せてみたい、と思わせるもの。
c0042874_21145091.jpg

しかし、羽織ってみると、生地が厚くてごわついて、大リーグボール養成
ギブスのように(←おおげさw)身体を動かし難い。衿も首にそわない。
羽織っただけでこれは着にくい、と感ずるほどで一日着たらとても疲れる
んではないかと思う。羽織紐を取りつける「乳」もすこしでかい。
c0042874_21164583.jpg

言っているだけではなくて、着て一日過ごすつもりであるが、さて?

女もの同様、男ものも、見て、着て、いいなぁ、これなら人に薦められるな、
と思うモノを作らないと、やっていて楽しくないと思いました。
[PR]
by otokonokimono | 2006-10-06 19:08 | その他


<< 2006.10.10(火) O... 2006.10.02(月) 女... >>